ミスティナイトの画像

【ミスティナイト】

・理想のバストを手に入れたい!
・かわいいナイトブラが欲しい!

こんな思いで開発された新しいナイトブラ【ミスティナイト】

では、サイズは?カラーは?

自分に合ったサイズで、お好みのカラーで、自信が持てるバストを手に入れて下さいね!

⇒ミスティナイトの公式サイトはこちら!

 

ミスティナイトのサイズやカラーは何種類?

ナイトブラは、その効果を最大限に発揮させるためには、正しいサイズを選ぶ事が重要です。

そこでミスティナイトのサイズを紹介します。

 

サイズ展開は全部で3種類です。

サイズ トップバスト アンダーバスト
Sサイズ 70cm~83cm 58cm~77cm
Mサイズ 82cm~93cm 63cm~78cm
Lサイズ 92cm~103cm 73cm~82cm

正しいサイズを選びましょう!⇒注文はこちらから!

 

カップサイズは、Sサイズ・MサイズならA~Fカップ。

LサイズならB~Fカップまで対応しています。

サイズ表の画像

もしもこのサイズから外れていた場合には、正しく使えない事も考えられます。

実際に着けてみてサイズが合わないとなっても、サイズ交換はできないのでご注意下さい。

未開封品でも交換不可ですので、注文の際には慎重にお願いします。

 

サイズと共に気になるのがカラーですよね。

ミスティナイトはナイトブラなのにとっても可愛いデザインに仕上がっています。

着こなし次第で、可愛らしくもセクシーにも演出する事ができる、レースを備えた魅力的なブラです。

すると、手持ちの洋服に合わせられるカラーがあるのかが、購入のポイントにもなります。

商品カラーは全部で4種類。

◎ クールピンククールピンクの画像女の子らしくかわいい色が目を引きます。

 

◎ ピーチベージュピーチベージュの画像
少し大人目な印象が魅力的です。

 

◎ ライトブルーライトブルーの画像
爽やかなブルーは、実は意外な色と組み合わせる事も…

 

◎ ナチュラルネイビーナチュラルネイビーの画像
クールでカッコ印象ですが、可愛らしさも引き出します。

 

4色もあると、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

それなら公式サイトのセットがおススメです。

2枚セットから用意されていて、カラーの組み合わせは自由です。

全色欲しいというのなら、5枚セットがピッタリです。

全てにセット割引が適用されるから、お得に購入できるチャンスですよ!

⇒ミスティナイトの公式サイトはこちらから!

 

効果的な付け方を詳しく解説!

ミスティナイトは、難しい付け方はありませんが、気にすべきポイントは存在します。

では、実際に正しい付け方をご説明いたします。

 

Step1 フロントホックだから寄せやすい!

フロントホックの画像

まず、ホックが全て外れた状態で頭からかぶります。
バストをカップに合わせ、谷間部分にあるフロントホックでバストの寄せ具合を見ながら調整します。
この調整段階でホックが4段階で調整可能なので、お好みの寄せ具合で調整可能です。

Step2. 余計なお肉をバストに移動!

お肉を寄せている画像

この段階が結構重要です!
ブラとカップの間に手を差し込み、カップ内からはみ出た背中や脇の気になるお肉をカップ内に納まるように寄せます。
ここで、しっかりとカップからはみ出た余分なお肉をカップ内に納めることによって、バストラインきれいに整います。

Step3. 理想のカタチをイメージ!

バストを整えている画像

カップ内に寄せ集めたお肉を調整しながら、バストの形を整えます。
ここで、あまりにも窮屈感など感じるようでしたらStep1に戻り最初からやり直すことをオススメします。
あまりにも窮屈感が強すぎると血行の流れも悪くなってしまい、逆効果になってしまうためです。

 

手順としては以上です。

基本的には普通のバストと同じです。

少し前屈みになって付けると、お肉を集めやすいかもしれません。

4段階の調整機能を上手に使って、無理の無い範囲でご利用ください。

 

メリット・デメリットとは?

では、ミスティナイトのメリットとデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

実際の口コミからそれぞれまとめてみたいと思います!

 

ミスティナイトのメリット

良い口コミに多く投稿されていました。

☆ ボリュームもかなりアップしたので、ボディーラインが出る服が自信もって着られるようになった!
☆ 彼氏に「胸が大きくなった」と褒められてとても嬉しかった!
☆ バストだけじゃなくて、背中部分も覆われていて着けている安心感があります。
☆ ベージュはアウターに響きいくいので嬉しい!
☆ 背中部分のお肉もバスト部分に集めることが出来るので、友人に「痩せたね」と褒められてとても嬉しかった!

※著作権の兼ね合いで口コミは意味内容は同じで表現を一部変更しています。

 

ミスティナイトのデメリット

残念ながら、デメリットと呼べるような口コミも見られます。

★ 寝ていると窮屈感がありますが、バストが崩れるのが嫌なので、そのまま使い続けている。
★ 使いやすいのですが、デザインがちょっと可愛すぎるので、 日中は今まで通りの控えめな下着にしています。
★ もう少し購入しやすい価格だといいんですけど…。

※著作権の兼ね合いで口コミは意味内容は同じで表現を一部変更しています。

 

このような口コミが見られました。

メリットもデメリットも多くの口コミが出るという事は、より多くの方々に使っていただいているということだと思います。

メリットとしては、友人や彼氏などといった周りの人からの評判がいい点が挙げられます。

・胸がきれいになった
・痩せたね

などの声が増えて嬉しかったということ。

また、カラーが多彩なので選びやすいということなどの口コミが多くみられます!

 

逆にデメリットは、

・窮屈感を感じる
・デザインが可愛すぎる

などといったサイズや見た目に関するようなこと。

ミスティナイトは普通のブラよりは着圧を感じやすくなっていますので、きついのが苦手な人には向いていません。

また、デザインは好みの問題ですので…。

価格が少し高いといった内容もありますが、公式サイトではセット割引を実施中ですのでお得になっています。

ミスティナイトの効果は個人差がありますので、必ずしもすぐに結果が出るという訳ではありません。

ですが、多くの方がメリットを感じている事から、使ってみる価値はありそうですよ!

 

ミスティナイトとは?

ミスティナイトは、SNSで人気急上昇中の「みやめこ」さんが、本気でプロデュースしたナイトブラです。

「みやめこ」さんは、Instagramフォロワー数100,000人以上、Twitterフォロワー数360,000人以上の人気急上昇中のインフルエンサーです!

本人自身が体験した、ダイエットや整形、美容に関する体験談をSNS上で赤裸々に語っています!

また、自身の体験談をもとにして書籍の出版や、YouTubeチャンネルを立ち上げるなど、幅広く活躍しています!

そんな「みやめこ」さんも学生時代の頃はバストに悩みを抱える1人でした。

しかし、今では美しいバストを手にして周りからのあこがれの的となっています!

そんな「みやめこ」さんの、今までの経験(こんな物があったらいいのにな…。)がギュッと詰め込まれた商品になっています!

実体験が元になっているので、そこには【やらせ】は存在していないので安心ですね!

 

ミスティナイトの性能とは?

ナイトブラには多くの種類が存在します。

そんな中で、ミスティナイトに注目すべき性能が5つあります!

経験豊富な「みやめこ」さんならではの、「こんな商品あったら良いな…」が込められています。

詳しく解説していきます。

 

4段階調整可能なフロントホック

胸の谷間部分で止めることが出来るフックがあり、なんと4段階で調整が可能になっています!
自分のバストサイズに合わせて調整が可能なので、寝ている間も無理なく付けることが可能です。
こちらかなり便利な機能になっていますよ!

広めに設計された脇高設計構造

睡眠時はバストの横流れや、広がりが気になる方も多いかと思います。
そんな方々のために背中から両脇にかけて、広めに設計されています!
ミスティナイトは、脇のみならず背中周りのお肉もバストに寄せ集めてくれます。
そのため、背中回りもすっきりして、後ろ姿も美しく保てるというメリットがあります。

ノンワイヤー設計だから窮屈感がない

ノンワイヤーで設計されているため、睡眠時のストレスを軽減することが出来ます。
また、ノンワイヤーですがキレイなバストラインを作れるという特殊構造になっています。

肩の負担を軽減する幅広ストラップ設計

肩にかかる部分が広めに設計されています。
しっかりとフィットするため、装着時にはまるで付けていないような快適な付け心地でご利用いただけます!

肌に優しい日本製生地を利用

よく、「使い続けるとほつれ」や「毛玉」が目立ったりすることがありますが、ミスティナイトはそのような心配はありません。
生地には日本製の生地を使用しているため、丈夫で肌触りの良い感触なので着心地よくご利用いただけます。

 

このように、様々なこだわりの性能が詰まったミスティナイトです。

今ならお得に購入できるチャンスですので、ぜひナイトブラ生活を始めてみて下さい。

⇒セット割引がお得!公式サイトはこちらから!

 

 

投稿日:2019年11月13日 更新日:

執筆者: